焙煎の種類について

珈琲豆の焙煎の種類についてわかりやすくご紹介しています。

焙煎度とは珈琲豆を煎るときの煎り具合のことです。

一番最初に珈琲を注文するときに一番初めに困ったことは、珈琲の種類の選択よりも焙煎度の選択に困りました。

焙煎度に書いてある意味がわからなかったのです。(笑)

焙煎度にハイローストやフルシティなどと書いてあっても「ハイって何?」「フルシティって?」って感じでどんな焙煎具合なのか全くわかりませんでした。

いろいろ調べていくうちにわかってきたので下にリストにまとめてみました。
一般的には、浅煎りから深煎りまでを8段階に分けて表示しています。

みなさんが珈琲を購入する際にぜひ参考にしてくださいね。

焙煎の種類

8段階表示3段階表示コクカフェイン
ライト浅煎り酸味薄い多い
シナモン浅煎り
ミディアム中煎り
ハイ中煎り
シティ中煎り
フルシティ深煎り
フレンチ深煎り
イタリアン深煎り苦味濃い少ない

スポンサードリンク

 

ブログランキングに参加しました。よかったらポチっと応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ